知っておきたいこと デザイン

BARIGO(バリゴ)社の温湿度計を購入したら使用前に確認しておくべきこと。

投稿日:2017年12月12日 更新日:

室内の温度と湿度がリアルタイムにわかる温湿度計。

BARIGO(バリゴ)社の温湿度計は
インテリアデザインとしてもおすすめです。

使っている方、多いのではないでしょうか。

シンプルで文字が小さいのですが
遠くからでも今の室内環境が
直感的にわかるのがおすすめのポイント。

BARIGO社の温湿度計の
デザインの特長にもなっている
温度と湿度の2本の針が
あるからかもしれません。

特に湿度が低いと、一発でわかります。

このBARIGO社の温湿度計は
見た目も素晴らしく、測定も正確です。
ただ、日常的に室内の環境を測るなら
使用前に確認したほうがよいことがあります。

それは、

針の位置がずれているが場合があり、
調整したほうがよい、

ということです。

■もう1台信頼できる温湿度計を用意する

実はうちに届いた製品は、
湿度の針が少し下振れしていました。

湿度で-12%。

けっこう違いますよね 笑。

それがわかったのは
建物の引き渡し直後。

うちの冷暖房設備HR-C Focusを
設計・施工してくださったPSの平山社長が
できあがりを確認しにきてくださった時でした。

「なんか、湿度が高い気がしますね。」

と仰ってくださって
持参されたデジタルの温湿度計でその場で
湿度を測ってくれてわかりました。

さすがプロだなぁ!

と感心していたら

BARIGO社の温湿度計にかぎらず
アナログの温湿度計にはたまにあるそうです。

ちなみに、
裏で調整が簡単にできると教えてくれました。

これが裏面。

マイナスドライバーで調整できます。

そして、もう1台デジタル式の温湿度計を
購入することをおすすめされました。

たまに同じ環境に置いて
ズレがあるか確認するとよいとのこと。

なるほど〜!
確かにそうです。

ちなみに、それから4年経過した現在でも
温湿度計の正確さは変わっていないように思います。

朝掃除をする時は窓を開け放つので
冬場はグーッと湿度が下がります。

加湿器の表示は5%刻みですが
55%から45%にすぐに変わります。

それと同じように
温湿度計も45%に下がります。

(キャプションの画像と同じ写真です。)

ふたつの写真は同じ時に撮ったものです。

温湿度計が問題なく動作していることがわかります。

それにしても、引っ越して早い段階で
平山社長に助言して頂いて良かったです。

そのまま使っていたら
冬場に湿度50%だから大丈夫大丈夫、と思っていたら
実際は38%しかない、という状況になるところでした。

平山社長、本当にありがとうございました。

■まとめ

BARIO社の温湿度計の正確さは
満足できるレベルと思います。
インテリアとしても優れていますし。

ただ、初期状態で
針がズレている場合があるので
他の温湿度計を並べてみて、確認。

ズレがあれば、背面で調整しましょう。

これで、お気に入りの温湿度計で
快適な室内環境をいつでも
確認できるようになります!

ということで、
最後までお読み頂き、ありがとうございます。
BARIGO社の温湿度計を持っている方は
一度確認してみることをおすすめします!

PS:

ちなみにうちの実家でも使っていたので
確認したら、そちらは正確でした。

もう20年以上前の商品で
同じ黒色でしたが本体が金属製で
奥に行くほど直径が広がっていて
もうちょっと高級感がありました。

ITOYAの本店に行けば
今も買えるのかな、、、

-知っておきたいこと, デザイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

冬の日射取得(ダイレクトゲイン)とパッシブデザイン

朝冷え込んでも、日中は日差しがでると寒さが和らぎますね。 うちの家でも、冬場の日射取得(ダイレクトゲイン)を考えた パッシブデザインを設計に取り入れています。 こういう記事は、その季節に書くのがピッタ …

輻射冷暖房と超省エネ住宅の相性が良い理由。

今日は、午後から雨が強く降りましたね! こんな日の晩は温度は下がり、湿度は上がりがちなのですが リビング・ダイニングは現在 26度 湿度60%。快適です。 冷水設定温度は16度です。 窓を開けると外気 …

妻も絶賛!冷え性対策におすすめの無垢フローリングは「桐」。

超省エネ住宅、冷え性対策を考えた家づくりで 妻にもっとも評価されたことのひとつ。 それが2階に採用した「桐フローリング」です。 そのメリットやデメリット、冷え性の方にもおすすめしたい理由を 紹介してい …

超省エネ住宅のトラブル 木製サッシと雨漏り(前編)

超省エネ住宅 本気のトラブル上級編。 木製サッシまわりの雨漏りトラブル。リアル体験談です。 この記事では自分自身が実際に経験した木製サッシにまつわる雨漏りのトラブルについて書いています。その結果木製サ …

超省エネ住宅は「樹木のような住まい」を目指す

■超省エネの意味。 ブログタイトルの「超省エネ」とは、すごーく省エネということではなくて、省エネを超えるという意味をこめています。 良くないことを最小にする、 Negative Minimum (ネガ …