その他

台風21号の記録的被害、お見舞い申し上げます。

投稿日:

台風21号で被災された方々、
心よりお見舞い申し上げます。

2017年、またここ数年で最大級の台風でした。

暴風域と強風域が半端無く大きく
私の住んでいるところにも
10/22日から23日未明、
特に23日午前1時頃から3時半頃にかけて
猛烈な風が吹きました。

ゴオォッ、ゴオオォ、と
時折何度も吹き付ける風は
テレビで見かける竜巻や突風の被害にあわれた方々の
コメントを彷彿させるものでした。

生命の危険を感じる。

その言葉通りでベッドに入っても全く眠ることが
できませんでした。

風のエネルギーが建物の構造を伝わって
地面に逃げていくのを心底体感しました。

近所の工事現場の仮設事務所は全壊していました。。。

台風21号通過後の近所の現場事務所の倒壊

お忙しい中本当に大変だと思います。
突風や竜巻の後のようなものすごいエネルギーです。。

■「建物の構造」というと、

地震にばかりにまず関心が集中しますが

現代のように気象条件が過酷になってくると
風や雨にきちんと対処できる構造もまた、
被害にあう確率が高い分、
ますます重要になっていきますね。

最近セミナーで、
風や地震のエネルギーが建物にどう伝わって、
どう逃されるのかを勉強したところだったので
やはり構造は「安心」のために最初に満たすべき性能だと
改めて思います。

耐震等級3はあくまで地震に対する等級ですが
構造的にバランスがとれている点では
耐風性能にも通じる部分があるように思います。

木造であれば
生命のシェルターとして
許容応力度計算を実施して
ハウスガードシステムを採用することで
長期的に安心できる家が建ちます。

これから建てる方は本当にうらましいです。

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

九州の記録的大雨、お見舞い申し上げます。

九州の記録的大雨で被災された方々、 心よりお見舞い申し上げます。 行方のわからない方もおられるとのこと。 一日も早く、ご家族や友人のもとへ 帰ってきて欲しいです。 捜索や救助に懸命に働かれている方々も …

超省エネ住宅 2018年5月の人気記事

2018年5月は3記事の更新となりました。全然更新がすすみませんでした。。。 ということで、 以下、5月の人気記事TOP3です。 ☆1位☆ 節水型タンクレストイレならTOTONJ・ネオレストシリーズが …

超省エネ住宅 2018年4月の人気記事

2018年4月は9記事の更新となりました。 3月以降PVが思った以上に落ち込んだので、原因をいろいろと考えました。 どうもこれは更新数だけじゃないなと。。。。 何となく気になっていたのが、検索結果に画 …

なぜ日本の家は「夏をもって旨とすべし」? 温度よりも湿度がカギ。

今夜はリビング・ダイニングは23度、湿度51%。 温水は29度に設定されていました。 昨日よりあたたかく感じます。 数字と体感の「差」って無視できないなぁと思います。 特に、夏と冬は湿度が快適さに大き …

月間2000PVを超えて。御礼と報告。

2017年の6月末にブログ開設後、おかげさまで徐々に読者の方も増えてくださって月間2000PVを超えることができました。 訪れてくださったみなさま、本当にありがとうございます。 このブログを始めたきっ …