その他

超省エネ住宅 2018年4月の人気記事

投稿日:2018年4月30日 更新日:

2018年4月は9記事の更新となりました。

3月以降PVが思った以上に落ち込んだので、原因をいろいろと考えました。
どうもこれは更新数だけじゃないなと。。。。

何となく気になっていたのが、検索結果に画像だけのページがつくられていること。
それで改善策を検索してみると、良かれと思っていれたサイトマップのプラグインの問題ということがわかりました。
(詳細と対策はLifoolさんという方のサイトページをご覧下さい。自分はまさにこの状況でした。ありがとうございました!)

こちらを改善してから、ようやくPV数も回復してきました。
サイトを訪れてくださった皆さま、ありがとうございます。

もうすぐ1年になるので、デザインにももう一度手をいれてみようと思います。

ということで、

以下、4月の人気記事TOP3です。

☆1位☆節水型タンクレストイレならTOTONJ・ネオレストシリーズがおすすめ。
 前月に引き続いてこちらの記事がTOPとなりました!前月の約倍となりました。
 NJシリーズの情報を一部追記しました。

 2位高断熱住宅におすすめのレンジフードは?同時給排気式は必須?
 こちらも前月に引き続いての2位です。同時給排気式は気密性が高ければ導入するメリットは大きいですね。快適さの面で。。。

 3位PS HR-C(輻射)放射冷暖房の熱源はヒートポンプがオススメ 
累計で1位のこちらの記事が3位でした。PS HR-Cでの全館空調を前提にした時の熱源の選び方や能力について自邸の実例をもとに紹介しています。
 来月には累計で1000PVなるか、という感じです。

4月にアップした記事でよく読まれた記事は、、

超省エネ住宅は「樹木のような住まい」を目指す

でした。

こちらの記事は超省エネ住宅を建てるきっかけとなっているロッキーマウンテン研究所のエイモリーB ロビンス博士を訪ねた時のことを書いています。
いつか書きたかった記事なので、読んでいただける方がいて嬉しいです。

4月は光熱費ネタのページの実データを公開しているのですが、あまり見ていただけてはいないようです。。。
ちょうど中間期からだったということもありますが、継続してみようと思います。

4月もありがとうございました!

本日のリビングダイニングは24度、湿度50%です。

GW前半は子どもが熱を出しており、胃腸炎のかぜ(と診断されて)40度近い熱が3日間でました。
今は元気になってくれていますが、28日に予定されていた小学校の参観では同じクラスの35人中9人が休んでいたそうです。

溶連菌で休んでいる子どももいたようで、やっぱり流行ってしまうと、ひくときはひくなぁ、と。。、

省エネ住宅で快適で健康というのはいいですが、
医療費が節約になる、というのはやっぱりちょっと、うーん、
あんまり過信しないほうがいいんじゃないかな、、、と思います。笑

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

台風21号で樹皮にできたレジリエンスのデザイン。

本日23時49分現在の室温は23度、湿度は57%。 快適です。 妻が暖房をつけていたのですが、 日中暑くなったので切ったようです。 久々に素晴らしい秋晴れでしたね。 2歳になる次男の子守には最高の散歩 …

なぜ日本の家は「夏をもって旨とすべし」? 温度よりも湿度がカギ。

今夜はリビング・ダイニングは23度、湿度51%。 温水は29度に設定されていました。 昨日よりあたたかく感じます。 数字と体感の「差」って無視できないなぁと思います。 特に、夏と冬は湿度が快適さに大き …

台風21号の記録的被害、お見舞い申し上げます。

台風21号で被災された方々、 心よりお見舞い申し上げます。 2017年、またここ数年で最大級の台風でした。 暴風域と強風域が半端無く大きく 私の住んでいるところにも 10/22日から23日未明、 特に …

Monitor Audio PL100Ⅱを視聴した感想。PL100より良くなった?

オーディオなんて自己満足の極致みたいなもので 耳にちょっと手をあてて前を向かせるだけでも音が変わる いい加減で曖昧な趣味だと思っています。 だからこそ、誰かのオススメが良いとか悪いとか批評するよりは …

no image

九州の記録的大雨、お見舞い申し上げます。

九州の記録的大雨で被災された方々、 心よりお見舞い申し上げます。 行方のわからない方もおられるとのこと。 一日も早く、ご家族や友人のもとへ 帰ってきて欲しいです。 捜索や救助に懸命に働かれている方々も …