超省エネ住宅 設備

PS HR-C(輻射冷暖房)の計画は、プロに任せましょう。

投稿日:2017年7月3日 更新日:

今日はとても蒸し暑い一日でした。

この時期、昔の日本人は
どんなふうにして乗り切っていたのかな、
と思います。

ひたすら我慢をしていたのでしょうか。。

今日は、自邸の空調システムを紹介しつつ

「空調計画は、自分の意見も重要だが
 設備設計の専門家の意見を尊重したほうが良い」

と実感している内容を書いてみようと思います。

■自邸の空調システム

自邸ではエアコンではなく
輻射冷暖房(ピーエス社 HR-C)と
熱交換換気システムの組み合わせで
空調しています。

1Fリビングと2F洗面脱衣室に
温冷水の流れるラジエーターパネルを置き、
4.0kwのヒートポンプ1台
(三菱電機 エコヌクールピコ)を熱源として
温冷水をつくって
家全体の温度調節をおこなっています。

(写真はリビングのラジエーターパネルです。)

この組み合わせでは
梅雨時の住みこなしが、1年で一番難しいです。

■空調システムの使い方

ラジエーターパネル内の水温は
冷水なら摂氏7〜20度で設定できます。


ヒートポンプのスイッチをONにすると冷水が流れ、
ラジエーターパネル表面に結露水がうっすらついてきます。

水滴が大きくなると、下に流れて排水口に。
ゆるやかに除湿がされます。

この季節なら冷水の設定温度は17度ぐらいで
全館快適(約26〜28度 湿度約55〜65%)になります。

■設計変更で後悔した所

ただ、上述したように
2階のラジエーターパネルは洗面脱衣室にあり、
各居室には直接冷輻射が届くようにはなっていません。

そのため、日中大変暑い日は、
2階洗面脱衣室以外の部屋の温度が
28度を超えてくることがあります。

実は、当初2階ラジエーターパネルは
2階のすべての部屋につながっている
廊下に設置するのが望ましい、
というのがピーエス社の提案でした。

それを廊下の幅と冬の暖かさを重視して
洗面脱衣室に置くことにしました。

(当時、冬だったからかな、、、)

つまり、私の希望で設計変更したところなのです。
ここは梅雨になるといつも後悔しています笑

2階の室内環境を 室温27〜28度 湿度60%程度に
しようとすると、1階が25度ぐらいまで冷えすぎてしまうのです。

エアコンは室内の温度や湿度に応じて
出力をコントロールしてくれますが、

輻射冷暖房は出力は一定で、
室内の温度や湿度は、緩やかに変化します。

(もちろんマニュアルでの調整は可能です。)

■窓を開けながら空調する

冷えすぎるようなときは、窓を開ければOKです。
輻射冷暖房は、窓を開け放しでも使えます。

自然の風を通しながら
冷房をとることができる点は
エアコンではなかなか実現しにくいように思います。

鳥のさえずりや風のそよぐ音を身近に感じながら
涼をとれる体験は素晴らしいです。

ところで、今は滋賀県に住んでいますが、
高校まで過ごしていた長野県では、
標高が高く、乾燥した内陸型の気候のため
冷房やエアコンはありませんでした。

シャワーを浴びて、風に吹かれていれば
充分に気持ちが良かったです。

それでも年に2,3日は寝苦しいよるはありましたが。。

現代でも、寝苦しい夜は
さっとシャワーと浴びると
風をより爽やかに感じることができて
とても気持ちいいですよね。

環境を変えるのではなく
自分自身を変えることで環境に適応するという意味で、
よりエコロジカルな暮らしにつながっているように思います。

-超省エネ住宅, 設備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

冷え性対策にトリプルガラスなどの高性能サッシは有効?おすすめの設置場所。

今日も冷え性に関係した記事をアップしていきます。 前回記事に書いた結露しないトリプルガラスのような高性能窓を 採用すると効果的だと感じる箇所を書いていこうと思います。 トリプルガラスのサッシをはじめ …

超省エネ住宅 自邸の仕様や設備など技術資料まとめ

超省エネ住宅のブログを開設して9ヶ月。 自邸の仕様や設備をまとめた技術資料を公開しておこうと思います。 竣工は2013年6月。 私は施主として参画したわけですが、本当に多くの方が力を結集させて実現した …

超省エネ住宅は「樹木のような住まい」を目指す

■超省エネの意味。 ブログタイトルの「超省エネ」とは、すごーく省エネということではなくて、省エネを超えるという意味をこめています。 良くないことを最小にする、 Negative Minimum (ネガ …

超省エネ住宅で失敗しないために知っておきたいこと。【前編】

今日も大変蒸し暑い一日でしたね。 現在、リビング・ダイニングは26度、湿度60%。快適です。 外気(通気層)は22度〜23度、湿度73〜87%。 外はけっこう冷えているので 窓開けて寝れる涼しさだと思 …

超省エネ住宅はゼロエミッションを目指す

■ゼロエミッションは「もったいない」と感じる必要がない 庭先にも春が訪れています。 花が咲いているのは、妻が植えてくれたからです。いつもありがとう。 桜が咲き、風に吹かれて散っていくすがたは、どこか儚 …